抗菌グッズは本当に効果があるの?

 

 



「抗菌」とは?

 抗菌とは、文字通り「菌に対抗する」という意味です。菌に対抗するという意味をあらわす言葉には、殺菌(菌を殺す)、除菌(菌を取り除く)、滅菌(すべての菌を殺す、またはまたは取り除く)、静菌(菌の増殖を抑える)などがあります。抗菌グッズとは、製品に消毒剤や抗菌作用のある物質を混ぜて弱い殺菌ん能力を持たせたもののことです。もとは医療用に開発されたもので、感染症を防ぐことが主な目的としていました。抗菌グッズが注目を集めるようになったのは、腸管出血性大腸菌O‐157の流行をきっかけとされています。その全国的な流行により、除菌に対する注目が高まり、それに伴って多くの抗菌グッズが誕生したのです。一口に「抗菌グッズ」といっても多くの種類があり、その効果は様々です。いわゆる静菌作用という弱い殺菌作用を使ったものから、強い殺菌力を持つものまであります。その種類も、樹脂などに成分を練りこんだもの、布にその成分を用いたもの、スプレーなどの噴霧タイプのものなど、多岐にわたっています。

抗菌グッズのメリット

日常生活において、菌の繁殖によって困ることは様々あります。例えば、台所のヌルミは菌の繁殖によるもので、嫌なにおいのもとになりますね。これを殺菌するために塩化系の殺菌・漂白剤を用いることがあります。ただ塩化系のものは、作用が強いぶん取り扱いには注意が必要です。台所用品や浴室用品そのものに抗菌作用を持たせることによって、掃除の手間を減らすことが期待できるものもあります。これらは菌の繁殖を抑えることにより、においを防ぐなどの効果が期待できます。プラスチックなどの樹脂に抗菌成分を練りこんだ場合は、長いあいだ効果が続くことが特徴です。衣類に抗菌作用を持たせたものもあります。汗をかいた後などに生じるにおいの多くは、細菌の繁殖が原因となっています。それを防ぐ効果があります。布に抗菌作用を持たせるために、素材そのものに混ぜ込ませたものもありますが、製品によっては後から抗菌成分を噴霧しているものもあり、洗濯を繰り返すことで、その効果が薄れてしまうことがあります。

抗菌グッズのデメリット

 私たちの体には、多くの種類の菌が日常的に存在しています。体内の菌として、腸内細菌がよく知られていますね。また、口の中や皮膚の表面などにも棲息しています。これらは常在菌といいます。常在菌は人の都合で「善玉菌」と「悪玉菌」に分類されています。善玉菌は健康に貢献しています。例えば腸内細菌の乳酸菌は、善玉菌の代表例として知られています。抗菌グッズと関係が深いのは、腸内ではなく、皮膚にいる細菌類です。皮膚には1平方センチメートルあたり10万匹以上の菌がいるといわれています。抗菌グッズの作用によっては、皮膚に存在する善玉菌まで殺菌されてしまうことが考えられます。薬用せっけんや除菌アルコールの使い過ぎは、肌の細菌バランスを崩し、悪玉菌を繁殖させることにつながる危険があるといわれています。私たちの体内には、胎児のときにはごくわずかの菌しかおらず、生まれてくると同時に菌との共生が始まります。日常生活の中で徐々に多くの種類の菌が体内や皮膚に常在するようになるのです。数種類の菌がバランスを保っていると、新たな菌が侵入してきても定着できないということが起こります。これを拮抗減少といいます。抗菌グッズを過度に使うと、そのバランスが崩れ、かえって病原菌の侵入を許してしまう危険性があります。さらに、中途半端な殺菌は、その抗菌作用に対して、病原菌が耐性を持ってしまうことがあります。それにより抗菌物質などが効きにくくなることが考えられます。

抗菌グッズは本当に菌を殺す?

 抗菌グッズは、確かに菌を殺したり、活動を弱める効果が期待できます。ただし、私たちに都合の私たちに都合のいい菌だけを殺すことはできません。研究者の中には抗菌グッズを気休めどころか、逆に害になると考える人もいます。見えない菌に対して、必要以上に恐怖を持ち、むやみに殺菌することを考えるのではなく、有用な常在菌の存在を理解し、うまく共存することが大切です。

栄養ドリンクの効果と注意

栄養ドリンク・エナジードリンク

 今はコンビニでもいろいろな種類の栄養ドリンクが入手できます。そこには「滋養強壮」「虚弱体質」「肉体疲労」「病後の体力低下」「食欲不振」「栄養障害」などの効能などが書かれています。たくさんの種類があって迷ってしまいますが、分類すると大きく2種類に分けることができます。

 薬事法の制限を受けるの制限を受ける「医薬品系栄養ドリンク」と、食品衛生法の規制を受ける「非医薬品系栄養ドリンク」です。規制緩和によって、コンビニでも様々な栄養ドリンクが売られるようになってきたわけです。

 ここでは「肉体疲労時」に利用する栄養ドリンクについて見ていくことにしましょう。

 

栄養ドリンクに必ずふくまれるビタミンB群とは

 多くの栄養ドリンク共通していることは、ドリンクの色が黄色の蛍光色であることと、容器の色が褐色ということです。これは何を意味しているのでしょうか。

 まずはドリンクの成分を見てみましょう。どの栄養ドリンクにもふくまれているのが「ビタミンB群」です。ビタミンB群は、摂取した糖質やたんぱく質代謝を助け、エネルギーを効率よく取り出すために必要なものです。また、赤血球を作り出すためにも必要です。ビタミンB群を多くふくむ食品は、レバーやうなぎです。疲れがたまった時に食べる習慣がある食品ですから、納得できますね。

 では、なぜ容器の色は褐色なのでしょうか。実は、ビタミンB群は光に当たると分解されてしまいます。ですから、光をさえぎるために褐色の瓶に入れているというわけです。

 ビタミンB群はほかにも、水に溶けやすい性質があります。人が1日に必要とするビタミンB群の量は数十ミリグラムですが、栄養ドリンクを飲むと過剰摂取になってしまうことが多くなります。それによって何か副作用があるわけではありませんが、水に溶けやすい性質のため、尿に溶け込んで体外に排出されます。栄養ドリンクを飲んだ後、尿の色がやけに黄色っぽくなるのはそのためです。

 

疲れを吹き飛ばすカフェイン

コーヒーを飲んで、眠気を吹き飛ばしたい。そんな経験は誰にでもあると思います。これは、コーヒーにふくまれるカフェインの効果に期待していることになります。カフェインは栄養ドリンクにもふくまれています。なじみ深いカフェインですが、注意が必要なこともあります。カフェインには様々なものがありますが、とりわけ覚醒作用、強心作用、利尿作用、解熱鎮痛作用が有名です。目が覚めたり、意識をはっきりさせたり興奮させることを「覚醒」といいます」。疲れた体には確かに効きそうですが、それは、薬効ですから、極端に言えば「勘違い」に近く、根本的な解決にはなりません。

 

命にかかわるカフェインの過剰摂取

 ここで問題になるのが、「カフェイン」の摂取量です。栄養ドリンクを1本飲んだ程度のカフェインでは命にかかわることはありません。しかし、短時間で何本も飲んだり、眠気覚ましをうたったカフェインの錠剤と併用する場合は、摂り過ぎになり危険です。カフェインは、一度に、1グラム以上摂取すると中毒症中が出るとされ、吐き気やめまい、心拍数が上がるなどの症状におそわれます。コーヒー1杯(200ミリリットル)にふくまれるカフェインが120ミリグラム程度ですから、8杯をがぶ飲みする量ですね。また、錠剤にはコーヒーの数倍のカフェインがふくが含まれているものもありますので注意しましょう。なかなか忙しく、休むことのできない人もいると思いますが、栄養ドリンクに頼るのではなく、しっかり休息をして体力を回復させるのが理想だというまでもありません。

ラクダの生態

  ラクダのこぶの中には何が詰まっているのか

古くから「砂漠の船」と言われ、砂漠の旅には欠かせないラクダは、水がなくても長期間生き延びられる不思議な動物です。かつてはコブのなかにみずを蓄えているという説もありましたが、コブの中には脂肪ばかりで、この脂肪を分解して、水を作つくっているわけでもなさそうです。ラクダの生態を詳しく調べたシュミッド・ニールセンによると、水を与えずに、暑い夏の砂漠に置いたラクダは、8日間で体重が100kg、つまり23%も減少したといいます。人間ならば、たいじゅうの5%以上の水を失ったら、知覚が乱れ、11%では精神錯乱、そして砂漠で12%以上の水を失えば、日射病を起こして死んでしまいます。ラクダがいかに乾燥に強いのかがわかります。それだけではありません。22%の水を失ったラクダに水を与えると、一気にたくさんの水を飲んで、約10分後には、やせ細った体が正常な状態に戻ってしまうと言うのです。20分後にはやく100リットルの水を飲んだという記録もあります。

 

  ラクダはなぜ水を飲まなくても平気でいられるのか

人間はこうした場合血液が水分を失って濃くなり、循環が遅くなって体内の熱が発散しにくくなるのです。またラクダは体温調節が巧みで、汗をほとんどかかないため、水分を失う量も少なくて済みます。その体温調節に役立っているのが、体についている厚い毛。暑い日射しで、やけどになるのを防いでいるのです。アラブの遊牧民が厚いマントを羽織っているのと同じ理由です。ちなみに、ラクダの体温は、明け方で30度くらいで、真夏の日中は40度くらいまで上がるといいます。

静電気はもう怖くない

  静電気が起こるわけ

まずすべての物は原子からできており、原子の中心にはプラスの電気を持った原子核という粒があります。原子核のまわりには、陽子や中性子よりずっと小さく軽い電子というマイナスの電気を持った粒があります。陽子1個のもつプラス電気と電子1個の持つマイナスの電気は、合わさるとちょうどゼロとなり、原子全体では電気をもっていないことになりますっていないことになります。

 

 2つ物をこすったりをこすったり、つけたりすると物質の中の原子にある電子がとび出したり、相手の物に入ったりします。その時そのとき原子核の陽子は動かないでそのままです。すると、電子をもらった方は̠マイナスの電気が多くなるためにマイナスの電気を帯びることになります。反対に、電子をあげた方には、マイナスの電気が少なくなるために、プラスの電気を帯びます。

 

  静電気の「バチッ」対策

ドアのノブでの対策のひとつは、金属片(板鍵やボディに金属製のボールペンなど)をもって、まずノブにふれることです。普通にノブに手を近づけると、放電による火花の電流がとても狭い1箇所に集中して流れ、神経が敏感に反応します。そこで金属片をまず触れさせると、金属片を握っている手全体に電力が分散するので、神経への刺激が少ないのです。電力の分散で刺激を弱めるとしたら、握ってグー状態や手のひら全体でノブに近づけるという方法もあります。