抗菌グッズは本当に効果があるの?

 

 



「抗菌」とは?

 抗菌とは、文字通り「菌に対抗する」という意味です。菌に対抗するという意味をあらわす言葉には、殺菌(菌を殺す)、除菌(菌を取り除く)、滅菌(すべての菌を殺す、またはまたは取り除く)、静菌(菌の増殖を抑える)などがあります。抗菌グッズとは、製品に消毒剤や抗菌作用のある物質を混ぜて弱い殺菌ん能力を持たせたもののことです。もとは医療用に開発されたもので、感染症を防ぐことが主な目的としていました。抗菌グッズが注目を集めるようになったのは、腸管出血性大腸菌O‐157の流行をきっかけとされています。その全国的な流行により、除菌に対する注目が高まり、それに伴って多くの抗菌グッズが誕生したのです。一口に「抗菌グッズ」といっても多くの種類があり、その効果は様々です。いわゆる静菌作用という弱い殺菌作用を使ったものから、強い殺菌力を持つものまであります。その種類も、樹脂などに成分を練りこんだもの、布にその成分を用いたもの、スプレーなどの噴霧タイプのものなど、多岐にわたっています。

抗菌グッズのメリット

日常生活において、菌の繁殖によって困ることは様々あります。例えば、台所のヌルミは菌の繁殖によるもので、嫌なにおいのもとになりますね。これを殺菌するために塩化系の殺菌・漂白剤を用いることがあります。ただ塩化系のものは、作用が強いぶん取り扱いには注意が必要です。台所用品や浴室用品そのものに抗菌作用を持たせることによって、掃除の手間を減らすことが期待できるものもあります。これらは菌の繁殖を抑えることにより、においを防ぐなどの効果が期待できます。プラスチックなどの樹脂に抗菌成分を練りこんだ場合は、長いあいだ効果が続くことが特徴です。衣類に抗菌作用を持たせたものもあります。汗をかいた後などに生じるにおいの多くは、細菌の繁殖が原因となっています。それを防ぐ効果があります。布に抗菌作用を持たせるために、素材そのものに混ぜ込ませたものもありますが、製品によっては後から抗菌成分を噴霧しているものもあり、洗濯を繰り返すことで、その効果が薄れてしまうことがあります。

抗菌グッズのデメリット

 私たちの体には、多くの種類の菌が日常的に存在しています。体内の菌として、腸内細菌がよく知られていますね。また、口の中や皮膚の表面などにも棲息しています。これらは常在菌といいます。常在菌は人の都合で「善玉菌」と「悪玉菌」に分類されています。善玉菌は健康に貢献しています。例えば腸内細菌の乳酸菌は、善玉菌の代表例として知られています。抗菌グッズと関係が深いのは、腸内ではなく、皮膚にいる細菌類です。皮膚には1平方センチメートルあたり10万匹以上の菌がいるといわれています。抗菌グッズの作用によっては、皮膚に存在する善玉菌まで殺菌されてしまうことが考えられます。薬用せっけんや除菌アルコールの使い過ぎは、肌の細菌バランスを崩し、悪玉菌を繁殖させることにつながる危険があるといわれています。私たちの体内には、胎児のときにはごくわずかの菌しかおらず、生まれてくると同時に菌との共生が始まります。日常生活の中で徐々に多くの種類の菌が体内や皮膚に常在するようになるのです。数種類の菌がバランスを保っていると、新たな菌が侵入してきても定着できないということが起こります。これを拮抗減少といいます。抗菌グッズを過度に使うと、そのバランスが崩れ、かえって病原菌の侵入を許してしまう危険性があります。さらに、中途半端な殺菌は、その抗菌作用に対して、病原菌が耐性を持ってしまうことがあります。それにより抗菌物質などが効きにくくなることが考えられます。

抗菌グッズは本当に菌を殺す?

 抗菌グッズは、確かに菌を殺したり、活動を弱める効果が期待できます。ただし、私たちに都合の私たちに都合のいい菌だけを殺すことはできません。研究者の中には抗菌グッズを気休めどころか、逆に害になると考える人もいます。見えない菌に対して、必要以上に恐怖を持ち、むやみに殺菌することを考えるのではなく、有用な常在菌の存在を理解し、うまく共存することが大切です。